1. 防災ママトップ>
  2. 防災ノウハウ>
  3. 都市災害>
  4. 今週末は全国で雪景色!? 雪が積もった時に使えるアレコレ!
防災ノウハウ
雪合戦

先週末、東京では10年に1度という大雪に見舞われ、いつもの街並が銀世界へと変わりました。そこまでとは言わずとも、今日も全国各地で天気予報が雪マーク。ところによって数十cm積もる場所もあるようです。そこで今回は、雪が積もった時に心得ておきたいことをご紹介します!
 
雪かきをしないといけない時は…
関東以南では雪かきスコップを備えている家庭のほうが少ないでしょう。そこでどこの家庭にもあり、雪かきに使える代替グッズが“ちりとり”と“ホウキ”。車や玄関の前などに積もった雪をかくには、ちりとりが大活躍し、数cmの積雪であれば、ホウキで払うこともできます♪
また、積雪が原因で大規模停電が各地で起きているようですので、防災に必要な停電対応をチェックしましょう、
 
外出しないといけない時は…
雪が降る日は、できれば家でゴロゴロしていたいもの。でも、仕事や用事がある人はそうも言っていられません。そこで対策法! バッグは両手が自由になる“バックパック”を選ぶこと。雪道では転倒することが多々…。そんな時に両手が空いていれば素早く反応できるはずです!
それに加え、積雪後の凍結によるケガも多数報告されているので、自分用はもちろん子供用のスリップ防止のアイテムを用意しましょう!
 
普段は意識できない防災シミュレーション⁈
あまり想像したくないことですが、放射能の汚染物質は雪のように降り積もり、時間の経過と共に風の吹き溜まりや排水溝の雪溶け後のように残ります。 万が一に備え、いざという時のイメージをお子さんと共有しておきましょう。また、積雪の時に地震が起きないとも限りません。この時期もしもの時はスキーウェアが役に立つのでいつでも取り出せる場所に置いておきましょう!
 
雪国に住む人ならばなんてことのない雪でも、慣れてない人からすると脅威に。備えあれば、憂いなし!ということわざどおり、しっかり備えて雪との付き合い方を学ぶことが大切です☆