1. 防災ママトップ>
  2. 防災知識>
  3. 仕事中>
  4. オフィスで地震に遭遇…。ケガをして家に帰れないリスクも? それを避けるふたつのポイント!
防災知識
immeuble abandonné

ひとつめは、重量物の転倒や押し寄せに気をつけること。直下型地震では、重くて大人2人でも動かせないような書棚などが簡単に倒れて来ます。とくに書類の多い部屋は、書棚の転倒防止と倒れる方向に注意しましょう!また、コピー機に挟まれたり、固定しにくいパソコンやFAXも凶器になりえます。

ふたつめは、慌ててオフィスから出ようとすること。防火扉が勝手に動いて体が挟まれたり、割れた窓ガラスや老朽化した看板などが落下してくるなど、地震直後の外は危険がたくさん。最新型のビルで倒壊の可能性は低くても、長く揺れる長周期地震動を生む海溝型地震を想定してない場合が多いので、吊り下げ天井などが落ちる危険も注意が必要です。

オフィスは家に帰る大切な出発点。だからこそ「ケガをしない」「長距離移動が出来る」といった備えを日頃から意識しておきましょう!